【まだ】絶対音感を身につける【間に合う】

1名も無き音楽論客2009-05-31 22:26:11

は?何言っとるん。

今からでも絶対音感身に付くし。

そういう考えを持った人が何か話すスレ。

●荒らしはスルー(相手した方も荒らし)

●「私絶対音感あるよ」っていう奴は逝こう

16名も無き音楽論客2009-06-02 12:59:15

語尾の音といきなり高くなるとこだけ

ピッチ外れたら分かる「ただし他人が歌ってるのを聞いてる場合のみ」

22名も無き音楽論客2009-07-11 23:35:55

(残念なお知らせ)

絶対音感を身に付けると

風の音や道路工事の音まで、すべてドレミファで聞こえて

ついには、精神が崩壊した人がいるそうだよ

基地外になりたければ、必死で絶対音感を身につければ?

26名も無き音楽論客2009-07-17 20:15:36

>>22

これガチなんだよな・・・

24名も無き音楽論客2009-07-13 14:08:45

なんか昨今は、絶対音感に対する変な信奉があり、中には「早期教育を受けなければ

“音感”は身に付かない」とまで思っているような人も多いみたいだけどさ、

音楽を聴いたり演奏したりする上で重要とされる、いわゆる“音感”ってのは、

一般的には相対音感のことを指すんだわさ。

んで、この相対音感ってのは、大人になってからでも十分鍛えられる。

例えばギターのコード弾きに慣れてくると、同じ進行パターンの曲なら、

調が違ってても「あ、これはカノン進行だな」とか「こいつは例の王道進行だな」とか、

分かるようになってくるだろ?

一つ一つのコードを判断するのではなく、ひとまとまりのパターンとして

認識できるようになってくるんだわな。

一つ一つの音を独立したものとして捉えるのではなく、調性感覚を身に付け、

全体の旋律と和製の流れを意識して聴くことの方が、“音感”を磨く上では重要だと思うぜ。

25名も無き音楽論客2009-07-17 06:08:40

>>24

そのレベルって相対音感や絶対音感とは言わないよ

たとえばA=440HzでのCを基音として与えられて、

次にA=442HzでのハイFを鳴らされた時に、その音の位置関係と

2Hzのズレが瞬時に判断できるレベルが相対音感

27名も無き音楽論客2009-07-17 23:03:07

>>22 >>26

非整数倍音の塊がドレミファに聞こえるのって相当耳悪いと思う

34名も無き音楽論客2009-07-22 23:14:35

>>31

お前も基準音を記憶できるのなら絶対音感のフリをしてみればいいじゃない

41名も無き音楽論客2009-07-26 17:07:42

2歳から5歳まで強制的にバイオリンやらされてました。

そして、12年の時を経て6ベースを始めた。

今はギターにどっぷりはまってます。

42名も無き音楽論客2009-07-26 21:36:48

>>41

何の説明?

43名も無き音楽論客2009-07-26 23:58:58

>>42

暗に絶対音感ありますって言ってるつもりなんじゃね

47名も無き音楽論客2009-08-02 08:31:11

ピッチが記憶している基準音からずれているだけで、「下手くそ」とは……

曲を構成する音が全て相対的に正しければ上手いだろうに。

音楽を聴く人間ではなくて、単なる測定器だな。哀れ。

52名も無き音楽論客2009-08-02 22:39:39

>>47

だってカラオケ流した時に半音フラットしちゃう奴は歌下手とか音痴とか言われちゃうでしょ?

50名も無き音楽論客2009-08-02 10:59:03

同じぐらいピアノが上手くても、単なる音ゲと変わらんやつと、音感というかセンスをもって弾いてるやつがいるわけだけど。

絶対音感は関係ないよ。

ただ、センスのあるやつに絶対音感があれば、鬼に金棒というだけ。

センスがある人と結びついてはじめて絶対音感が素晴らしい能力になる。

56名も無き音楽論客2009-08-03 13:51:03

>50

もしも、本当に「絶対音感」なんてものが存在していたとして、

絶対音感の持ち主は、「平均律で調律されたピアノ」の音が許容わけがない。

53名も無き音楽論客2009-08-03 00:54:14

>>52

音のピッチを正確に聞き分ける能力(又はあるピッチの音を正しく記憶する能力)と、聞こえてきた伴奏に適合したピッチで声を出す能力とは別物だ。

例えば、故・山本直純氏は絶対音感でも絶対テンポ感でも誰にも負けなかった。が、カラオケに合わせて歌おうとすると半音どころか下手をすると1オクターブ程度狂った悪夢のような音でしか歌えなかった。

54名も無き音楽論客2009-08-03 09:26:49

>>53

アウトプットがダメなら無いも同然だよ

採譜専門でやるならまだしも

58名も無き音楽論客2009-08-03 20:22:22

>>56

平均律と絶対音感が矛盾するとかいう論理はようわからんな

どんな音律なら満足なの?w

61名も無き音楽論客2009-08-08 16:17:30

>>58

この辺みりゃわかりやすいんじゃないかな

hhttp://www.hi-ho.ne.jp/tadasu/scale.htm

62名も無き音楽論客2009-08-09 14:37:30

私が移調するとちゃんとしたいい音になるので違和感がありません

63名も無き音楽論客2009-08-09 17:26:55

>>62流の音律を世界に広めるといいんじゃないでしょうか

65名も無き音楽論客2009-08-10 00:38:36

>>63

広めるも何も

転調の公式は・・・、1ずらすなら原音+1・・・、2ずらすなら原音+2

移動すればいいだけですww

くだらねー><

67名も無き音楽論客2009-08-11 21:32:52

>65

移動する量の「単位」はなに?Hzじゃないよな。

移調しても、ちゃんといい音=同じ響きが感受できる、そういう音律がある?

平均律の音階で移調するとその響きに違和感があるわけだ。

純正律使って移調しても音の周波数が変わるから違和感がある。

移調しても違和感が発生しない音律って、どんなの?

68名も無き音楽論客2009-08-11 22:53:22

>>67

移調しても(和音の)響きが変わらないのが平均律じゃん、たとえそれがベストな響きではないにしても

全体の音高が変わるから違和感があるというのであれば、平均律でも純正律でも同じことで、特定の音律の問題ではない

純正律で移調しても和音の響きを変えないためには、たとえばハ長調からト長調に移調する際には

C D E F G A H → G A H C D E Fis と新たにFisという音を加えるだけでなく

Aの周波数を1.25%(半音の約1/5)高めにシフトする必要がある

78名も無き音楽論客2009-09-14 04:56:55

でも何で絶対音感ないのに正確に聞き分けれるんだろう。

出力だけが問題で、感知するセンサーは皆同じだと思うんだよね

79名も無き音楽論客2009-09-14 21:16:51

>>78

処理装置の問題って発想はないのか

83名も無き音楽論客2009-09-17 01:24:59

>>79 やっぱり人間をパソコンに例えるのは無理があるかもなぁ

80名も無き音楽論客2009-09-14 21:27:19

感知するセンサーは、耳の聴覚細胞だよな。

空気の振動を鼓膜・耳骨から細胞が刺激を感じて細胞膜の電位差に変換、神経細胞で、脳細胞に伝達すると。

センサーの感度や分解能にも個人差がありそうだ。

処理装置は脳。耳からの刺激にどう反応して、記憶している情報との照合をどうやってるのか。

研究する設備も技能もないからわからん。仮にやったとしても成果に意味も価値もなさそうだしなぁ。

84名も無き音楽論客2009-09-18 19:58:58

>>83

神秘主義者乙

85名も無き音楽論客2009-09-21 01:36:57

絶対音感身につけようと思って4ヶ月前から毎日ひたすら12音を覚える訓練してるんだけど。

音は全部覚えれて、無調の音、ランダムな音だと、わかるようになった。

でもメロディーになると移動ドとの切り替えがうまくいかず、二つの音階が頭で同時に出てくる。

英語を覚えたての人が、英語の単語と日本語の単語が同時に出てくるみたいに。

英会話と同じだと思うんだ絶対音感は。

86名も無き音楽論客2009-09-21 12:39:58

>>85

階名(移動ド)も音名(固定ド)も同時にわかるんだからいいじゃないか

音名が瞬時にわかれば十分なわけで、階名がわかったら絶対音感じゃないということはないし

87名も無き音楽論客2009-09-21 23:58:27

>>86

それが、二つの音階が、移動ドなのか固定ドなのか瞬時に分からなくてゴチャゴチャになる。

音当てゲームはできても、瞬時にわからないと、聴いた音楽をリアルタイムで頭の中の鍵盤上で走らせることができない。

それに、僕がやりたいのは、頭の中でしかなってない音楽とか、思い出して頭の中で再生する音楽を、リアルタイムで頭の中の鍵盤で弾くことなんです。

実際耳で知覚したのでない、想像だけの音を、音名に変換するのがまだうまくいかない。

訓練あるのみです。

100名も無き音楽論客2009-10-12 00:55:39

別にスレの趣旨から大幅にずれてない限り

具体的に誰かのレスにこたえる形でなければ

書きこんじゃいけないということもないだろう

絶対音感は音の絶対位置がわかるだけで調性感覚無関係というのはその通りだと思う

ホ長調の別れの曲が

そのまんま楽譜通りのシーミーレミ♯ファーと聞こえてしまうのが絶対音感の人だと思う

普通の人は、ソードーシドレーに聞こえる

ハ調に強制変換てそういうこと

102名も無き音楽論客2009-10-12 17:36:18

>>100

>シーミーレミ♯ファー

>ソードーシドレー

おいおい、移調が間違ってるが・・・

101名も無き音楽論客2009-10-12 14:16:08

つか、本当にそんなんできるん?

どんな事を何年すればできるん?

俺もにたようなんできるが、何の音かを答えるのは6秒かかる。

絶対音感の奴は0.8秒

正直言って、どんだけ頑張っても俺ぐらいが限界だと思う、、、

103名も無き音楽論客2009-10-12 18:34:36

>>101

普通の人でも鍛えりゃ1〜2秒でいけるだろ

ただ、普通の人は音感持ちと違って記憶と合わせにいくことしかできないので

5Hzずらしたような答えなしのずるい問題には対応できない

音感持ちなら何の音がフラット気味、までわかるが

104名も無き音楽論客2009-10-13 06:50:58

>>102

hhttp://www.chopin-web.com/gakufu/etude10_3.pdf

109名も無き音楽論客2009-10-20 13:34:45

>>104

固定ド式でいうならレの音に#を付け忘れてるので

>>100の移調は失敗だなw

そういうわけで>>100には絶対音感が無いということが確定した。

123名も無き音楽論客2010-03-17 22:27:57

他人の出す音はわかるが、自分では正しい音が出せない(泣)

たすけて!

124名も無き音楽論客2010-03-18 23:45:18

>>123

作曲家で指揮者の故・山本直純氏はマスコミ露出が多く、「大衆音楽家」「啓蒙家」というイメージがあります。しかし実際は、絶対音感も絶対テンポ感も完璧な天才的指揮者でした。

指揮者の息子に生まれ、幼いころから高度の音楽教育を受けた成果もありますが、やはり天賦の才能のなせる技でしょう。

黛敏郎が『題名のない音楽界』で開催した「指揮者オリンピック」で、課題曲を1秒の狂いもなくピッタリ時間通りに振って見せ、山本氏を色物としか思っていない視聴者を驚かせたことがあります。

録音は残っていないようですが、山本氏が振ったブルックナーは聴く人を震撼させる演奏だったそうです。

・・・それにもかかわらず、山本直純氏は「オンチ」でした。

頭の中の音高を自分の声帯の緊張度に正しく反映させて発声する能力は、残念ながら凡人を遥かに下回っていました。

芸大の入試で歌を歌わされたとき、審査にあたった教員全員が笑い出してしまったそうです。

音高を正しく聞き分ける能力、音高を正しく声に出す能力、どちらもかなりの程度まで「生まれつき」としかいいようがありません。

ついては、あなたも山本氏のように、作曲か指揮に専念されてはいかがでしょうか?

(私はどちらの才能も皆無に近いので、聴く方専門です。)

151名も無き音楽論客2012-01-04 17:53:32

絶対音感もってるけど、別にあったからどうってわけでもないぞ。cmとかの曲を耳コピできるくらいだ。

あとはピアノの曲とかでも、音の感覚が正確になるのと、脳内再生した音を文字でも覚えられるから音楽が記憶しやすいのと楽譜の暗譜もしやすいみたい

欠点は、適当に流れてる歌を、歌詞ではなく先に音符で覚えてしまうこと。多分歌詞は人よりも覚えてないと思う

152名も無き音楽論客2012-01-04 18:17:37

>>151

例えば キーボードの調律がA=440Hz かA=442Hzか

まで判りますか?

153名も無き音楽論客2012-01-12 18:53:16

>>152

>>151ではないけど、それくらいだったら分かるよ。

分かるからって役に立つ場面は全くないけど。

156名も無き音楽論客2012-01-18 15:37:50

能力=うずらの肉=聖なる高台

170名も無き音楽論客2012-05-15 11:52:33

逆に絶対音感があるのに

あきらかに音楽にセンスが無いとか

基本的な歌唱力に問題があるような人っていますか?

172名も無き音楽論客2012-05-15 16:37:33

>>170

自分の発する声(音程)と絶対音感は関係無いらしい。

175名も無き音楽論客2012-05-17 03:38:43

>>172

そりゃそうだろうな

音を判別する感覚的な能力と、思った音を発声する運動的な能力は全くの別だし

自分の立ってる位置からバスケットゴールにボールを入れるには

ボールの重さが〜〜だから〜〜ニュートンキログラムの力で〜〜の角度に向けて……

みたいに、力学的に計算できる知識を持っていても、それをピッタリ計算どおりの数値で実行できる運動能力があるかどうかは

別の話ってことだ

174名も無き音楽論客2012-05-16 01:20:26

まぁレベル分けするとしたら努力で得た絶対音感なんて最底辺だろうな。

思考という手間がある時点で。

日本語を英語に翻訳して日本語に再翻訳するようなもん。

六才までに…とかいうが生まれつきの絶対音感持ちの人間の方が過敏だと思う。

176名も無き音楽論客2012-05-17 06:21:34

>>175

絶対音感持ちの人は自分の出した声がどれだけ外れてるか、とか分かるのだろうか。

というかそもそも自分の発した声の高さを音階で表すことは出来るんだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする