近代に絶滅した動物を語る

1名無虫さん2012-09-02 04:38:44

ニホンカワウソ絶滅の報を聞いてから

古生物以外の絶滅動物を調べてるんだが・・・

意外と絶滅動物のまとめサイトとかなかったりするのね

あっても古生物の絶滅がメインだったり・・・・

そんなわけで近代の絶滅動物限定で語ってみないか?

7名無虫さん2012-09-03 14:53:37

竹島にも数百頭いたけど韓国軍が射撃訓練で皆殺しにした

9名無虫さん2012-09-03 16:27:47

>>7

こういうのは全世界に知らせるべきだね。

種の絶滅ではないが、ジャワトラ、バリトラも近年の絶滅だな。スマトラトラも

かなり危ない。

13名無虫さん2012-09-03 22:52:30

ステラーカイギュウたんは可哀想だよな

16名無虫さん2012-09-04 11:41:55

>>13

たしか、弱い者が傷つくと家族が助けに寄って来るという習性を利用して、

子どもやメスを先に狙ったとか。それで一網打尽にした。

可哀想なのにも程がある。

20名無虫さん2012-09-06 17:07:28

>>16

でも自然界なら当然の狩りの手法とも言える

野生の肉食動物にとっても子供は狙い目だし

25名無虫さん2012-09-07 09:53:14

>>20

ステラーカイギュウは、天敵に襲われにくく、かつ草食だったから、よくいえば平和な、

悪くいえば平和ボケした動物だった。

ほかの動物なら弱い個体が襲われれば仲間は見捨てて逃げるが、ステラーカイギュウは

逆に助けようと寄ってくる。

その習性を人間が利用したわけで、これを可哀想というか、平和ボケというかは、

個人の自由かもな。

24名無虫さん2012-09-07 02:00:11

アマモはあったのかな。それともジャイアントケルプでも食べてたのかな

54名無虫さん2012-09-26 03:27:27

ニホンオオカミは今の分類でもオオカミと言える種と

山犬に近い物の二種類がいたって説があるね

有名な背中に縞があるヒョロッとした剥製は山犬タイプ

あの台座裏には『INU』と書いてある

61名無虫さん2012-09-30 19:29:04

>>54

犬との混血で狼としての性質もかなり変化があっただろう

それが山犬と呼ばれていたのではないのかね

60名無虫さん2012-09-30 18:42:14

ステラーカイギュウは人間が滅ぼしたけど、人間が滅ぼさなくてもそのうち滅びてただろうし、

マンモスもその類な気がする。

65名無虫さん2012-10-01 02:32:08

そもそも近代限定のスレで古生物はスレチという

>>60

パンダなんかは人間が手を加えないと自然淘汰される生き物の代表だからな

63名無虫さん2012-09-30 21:44:32

>>61

数ある説の一つに過ぎないけど、大きさも姿も全然違う別種と言うのは聞いた事があるな

言われてみればあの縞柄の剥製オオカミって、現存の犬とも大陸オオカミとも違い過ぎない?

107名無虫さん2013-01-01 14:07:51

>>61

>>63

日本の民話に伝わるオオカミの大半が単独行動してるしね

生態が狼というよりキツネみたい

民話は真実ではないが、実際に群れを作っていなかったタイプが

いたんじゃね

69名無虫さん2012-10-01 20:32:58

>>65 日本のイヌワシもひょっとして自然のままだと淘汰されるものかも。子供は二羽生まれてもバトルロワイヤルで1羽残るのがせいぜいだし、

全くの天然林よりも伐採されてできた草原の方が狩りがしやすいし

68名無虫さん2012-10-01 16:31:18

なんでヌートリアがあんなにうじゃうじゃ居るのにカワウソが絶滅したのか?

ネズミとイタチの違いなのか?

70名無虫さん2012-10-02 02:33:02

>>68

ヌートリアは草食だけどカワウソは肉食だから、

おそらく釣り針ごと魚を食べて絶滅したんだろ。

>>69

その点で言うならリョコウバトなんか産卵は年に一度で一個のみだったし。

72名無虫さん2012-10-02 10:51:50

>>70

カワウソはどちらかというと農薬汚染が大きいらしい

あと生存していた群を一部の漁師が秘匿して狩ってたのも有名な話だよね

74名無虫さん2012-10-02 16:30:47

>>70 だが食べ物が植物中心のハトと違って、猛禽は狩りが成功しないと、せっかく同士討ちで生き残った子供も餓死

イヌワシと違い、日本のフクロウは割と複数生まれた子供を無事全部育てるのがうまいそうだな。まあ必要な餌の量も違うけど

76名無虫さん2012-10-12 21:32:14

カワウソは日本の歴史の最悪期を乗り越えられなかった。

日本の歴史の最悪期は、しかし経済的には急成長した時期でもある。今の中国みたいにな。

もし仮に、今まで生き残ってたら、これからは栄えられただろう。

実際、北海道なんか、かつて鉱毒や農薬で死の川みたいになった所が、廃坑や廃農で元に戻りつつある。

絶滅が心配されたエゾシカも、今は増え過ぎが憂慮されとる。

79名無虫さん2012-10-13 00:46:05

>>76 たぶん北海道、いや日本の自然の最悪期を、今度は鹿が作り出すかも

だからといって狼導入というのは短絡的すぎるけど。今後は植物の絶滅が目立ってくるのかな?

まあ動物よりは野生絶滅で食い止められるものは多そうだけど、腐生植物や寄生植物、植物じゃないけど茸だと、栽培も無理とはいかないまでも相当困難

105名無虫さん2012-10-31 22:14:44

>>79

エゾシカの増加

植物の減少

餌が無くなったヒグマが増えたシカを襲いだす

ヒグマの肉食化が進み人的被害が増加する

・・・・という流れを懸念してる。結構マジで。

92名無虫さん2012-10-18 02:41:51

オオウミガラスだけは許されない

94名無虫さん2012-10-18 10:47:32

>>92 ステラーカイギュウも

95名無虫さん2012-10-18 18:49:41

>>94

カイギュウたんは無駄に死んでいったのが多いからね

みんな人間のご馳走になったのならまだしも

108名無虫さん2013-01-11 11:34:53

【生物】「絶滅種」に指定されたニホンカワウソ 十数件の目撃情報…愛媛県が本格調査

hhttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1357822948/

134名無虫さん2013-04-27 03:21:12

正直、学名ニッポニアニッポンの鳥は、そろそろ、チュウゴクニアチュウゴクに変えなきゃならんかもと思う。

149名無虫さん2013-06-07 18:59:57

>>134 そもそも鴇は渡り鳥なんでないのか?

166名無虫さん2013-10-15 07:05:22

フクロオオカミ(タスマニアンタイガー)にしてきたオーストラリア人の酷い仕打ちはもっと知られるべき

家畜を襲っていたというのはその多くが思い込みで、実際は野生のディンゴが家畜を襲っていたことのほうが多かった

にも関わらず、口を開けた時の裂けた口が気持ち悪いという理由で悪魔扱い

殺す時は群れに銃を乱射して皆殺しにするだけには飽き足らない

水場に毒散布したりもしていた、他の動物ももちろん死ぬ

殺したあとも吊るして棒でめった打ちなどストレス発散用に使うことは当たり前

オーストラリア人はとにかく野生動物アレルギーがすごかった

そんな国の奴がシーシェパードとか片腹痛い

168名無虫さん2013-10-16 00:50:56

>>166

アボリジニ狩りやタスマニア人狩りやってたのがオーストラリア人だからな

224名無虫さん2016-01-31 16:27:47

多分ヌートリアの誤認。

226名無虫さん2016-02-01 01:15:24

>>224

誤認がほとんどだろうな。

絶滅の原因が毛皮目的の乱獲と川の水質汚染とのことだが

瀬戸内海の無人島や護岸工事も水質汚染も無い山奥の川になんで生き残ってないんだ?

245名無虫さん2016-02-28 22:10:33

沈むために石でも飲んでたのかな

246名無虫さん2016-02-28 22:39:50

>>245

それは ねーだろww

248名無虫さん2016-03-06 08:40:19

>>246

浅い海にしか生えない昆布を食べてるわけで潜水する必要もなかっただろうしね。

250名無虫さん2016-03-06 23:03:30

>>248 沈めないから先っちょしか食べられない、と思ったけど、ジャイアントケルプは海面に長く伸びてるんだな

昆布がねぐらのラッコは、ステラーカイギュウが絶滅してから一時的に増えたんだろうか

それともステラーカイギュウが絶滅に向かってた頃には、既にラッコも乱獲されてたのかな

251名無虫さん2016-03-07 14:36:19

>>250

まさにカイギュウの絶滅原因の一つがラッコの乱獲と言われてる。

人間の狩猟圧と共にカイギュウに大ダメージを与えた、と。

そもそも、あんな北の果ての海までロシア人が遠征していったのは

とっても高い値で本国や欧州で売れるラッコの毛皮を得るのが主目的。

ステラーカイギュウはその遠征ための食料、油等の資源確保が目的で乱獲してたわけで、

いわば遠征の主目的ではなかった。

ラッコが乱獲される

→ラッコの餌になってたウニが大繁殖

→ウニが昆布を喰いつくし、沿岸の海が「砂漠化」

→昆布が無いのでカイギュウが飢餓状態になって更に激減

というのが起きてたと推測されるらしい。

257名無虫さん2016-03-11 22:07:09

食ってうまいのって人間に狩りつくされちゃってないか。

ステラーカイギュウしかりオオウミガラスしかり…

モアもうまかったんじゃないかな。

じゃなかったら絶命するほど乱獲しないんじゃないか。

258名無虫さん2016-03-11 22:26:17

>>257

間違った。

絶命じゃなくて絶滅だ。

オオウミガラスはうまかったのか?はおいといても、ステラーもモアもオオウミガラスもかわいそうだわなあ。

261名無虫さん2016-03-12 01:26:06

繁殖力が低くて年に1個しか卵を産まなかったからな

266名無虫さん2016-03-13 17:13:29

>>261

ネイティヴアメリカンはそれを知っていて卵は極力獲らず、子育て中の親鳥も捕らなかった

入植者の子孫達はそれを100年経たずして狩り尽くした

277名無虫さん2016-03-16 17:14:19

>>266

そのアメリカ先住民のご先祖様がアメリカ大陸での大量絶滅の一因というのだから、

また、皮肉なものだ。

おそらく、リョコウバトでは彼等はその失敗を活かせたんだろうけど、開拓者にとってはどうでもよかったわけで。

281名無虫さん2016-03-25 13:29:07

ナマケモノは省エネで生きる道を選んだんだろうな。

他の捕食者たちの生きる糧の獲物としての存在意義はあると。

捕食者に食われていなくなっちゃいそうな気はするけど。

309名無虫さん2016-05-24 21:12:20

ニホンアシカでないとすれば太平洋東部からか!遠いなー

314名無虫さん2016-08-16 22:44:54

どうせまたヌートリアか捨てられたコツメカワウソでしょ?

315名無虫さん2016-08-17 10:19:49

>>314

初めからそう言ってたらクニマスも発見できなかったろうな

80年から94年まで非公式だがロードキルなどの情報が残っていた場所らしいし、今現在では一番信頼できる情報じゃないか?

今までの目撃談には皆無だった写真付きだし…これだけで断定は全く出来ないが

明日からまた張り込むらしいからそれに期待かな

320 【ゾヌ】 【361円】 2017-01-01 11:17:11

あけおめ

>>315クニマス発見ニュースの衝撃は未だに覚えているぜ

ネットニュースを探ってたら「さかなクン絶滅魚を70年ぶり確認」とかいう字幕

「ハイハイどうせ深海魚かなんかだろ…クニマスだとー!!!!!」

マンガでよくある目玉が飛び出る感覚を初めて味わったw

334名無虫さん2017-08-13 09:16:05

迷信に踊らされるバカは自分の爪でも齧って死ね、と。

ただのケラチン質の塊なんで、同じ物質だ。

347名無虫さん2017-08-21 19:52:18

どうして日本に虎がいないのか?不思議でならない

猿はいるのにな

349名無虫さん2017-08-22 18:59:10

>>347

人間の影響も勿論あるだろうが、そもそも温帯〜冷帯の気候で、

この日本列島程度の面積での生物資源量では

トラやゾウほどの大きさの生物は生きづらいのかもしれない。

面積も餌も少ないので個体数がどうしても限られるし、

一度減少すると、もう新しい個体が他所から入ってこないんで滅びやすい。

朝鮮半島はあくまで大陸の一部で地理的に孤立してるわけじゃないからな。

隔絶された生物は滅ぶ、直ぐにいなくなるリスクが大きいということだろうな。

ましてや、現生人類のような環境激変をもたらすイレギュラーな存在がいると猶更だ。

351名無虫さん2017-08-25 04:09:49

>>349 でもシラコバトやハリネズミやスズガエルやカササギやヤツガシラの不在は謎

朝鮮までは住んでて、実際移入種としてはヤツガシラとスズガエル以外はうまく日本に定着・野生化してるのに

スズガエルは両生類だからちょっとしたことで分布を広げられなかったりしたんだろうけど

353名無虫さん2017-08-25 18:49:14

千島あたりにステラーの類がいたのは10万年位前までだよ。

せいぜい数万年前位で少なくとも有史以前。

ご存知のように滅びやすいんで、

仮に人類と接触するまで生き残ってたとしても、接触した瞬間、

その地域の個体群は消えたと思われ。

>>351

カエルや小型動物は後から現在のように朝鮮半島や中国に広がったので、

日本列島と繋がってた時代は、まだユーラシア東岸に到達していなかったのかも。

鳥は特に謎だよね。連中は飛べるのになあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする